収納のコツは「底の浅いタイプ」の用意

衣類や書類、または普段使用しない小物などを収納する際には、タンスやカラーボックスを使用している方が多いと思います。ネットや実店舗でこれらの物を購入する際に、なるべく深さの無いタイプ、つまり浅いものを選ぶと後々の管理が簡単になります。深いものを選んでしまうと、何を入れるかは問わずどうしても平積みで収納しなくてはなりません。引き出したり上蓋を開けたりしただけでは、底の方に何が入っているのか非常にわかりにくいのです。そのため物を探すときにあちこち開ける必要がありますし、収納の際も「この場所でいいのかな?」と迷うこともしばしば。出し入れを繰り返しているうちに徐々に中が乱れていき、同時に、しかるべき場所への収納が面倒になっていきます。浅いものを利用すれば、平積みが何段重ねにもなることを防げます。引き出しを引いたとき、ボックスの蓋を開けた時に収納品が簡単に把握できれば、出し入れがとても楽。常にきれいな状態を保つことができます。